▼ MENU

温故知新!古き良きものと機能的なものが融合した木の家_S様邸

  | カテゴリ: 木の家










温故知新!古き良きものと機能的なものが融合した木の家_S様邸です。
外観はモダンと和風を取り入れたおもしろいデザインです。
1階2階とも、家の四隅に木を見せました。この木は飾りではなく、家を支える構造材です。

82938289828E828F8288828182928281817C82938288828F82958293828182891.jpg
軒先を長く出しました。最近は軒先の少ない家が増えていますが、やはり家の寿命を考えると軒先はしっかり出した方がいいです。雨にさらされた家はどうしても傷みやすく、メンテナンスの周期が早まります。
軒先にもたくさんの無垢材を使いました。軒を支えているのももちろん構造材です。

sinihara-shousai3.jpg
階段も無垢材です。床、天井(一部はクロス)、窓枠、廻り縁(壁と天井の境に付ける縁)、巾木(壁と床の境に付ける板)全部無垢材です。巾木に無垢材を使わなくても・・・、と思われるかも知れませんが、壁と床の境目って傷みやすいんです。どんなに気をつけていても、掃除機をかけるとヘッドが当たってしまいますよね?また窓枠も傷みやすいです。このような劣化の早い部分には無垢材を使う!今までの経験から得た鉄則です!!
 

sinohara-shousai2.jpg
2階の天井です。長い梁をたくさん見せました。南側から北側の外壁に向かって6本もの梁が通っています。
しかも長ーい1本の木。継ぎ足しなんてしていません。最長6mの木を使います。
建築中、この梁を組み上げた瞬間、家の揺れが激減するんです。
「家を支えるものはやはりしっかりしたものを使わないと」と感じました。

また、梁を見せるデザインにしたので、天井が高いです。建材は厚みのある無垢材を使用したので、断熱性・吸湿性はバッチリです。

sinohara-shousai4.jpg
せっかく吸湿性のいい家なので、湿気のこもりやすい押し入れやクローゼットも工夫しました。
壁と天井に桐の集成材、建具は広く解放できる3枚引き戸にし、湿気がこもらないようにしました。

sinohara-shousai5.jpg
玄関収納もお造りしました。イヤな匂いも軽減されるはずです。

S様邸は、杉材をたっぷりと使ってお造りしました。壁はおおよそ7割はクロスですが、結露は少ないです。(床も天井も木、壁まで木にしてしまうとしつこくなるため、ご相談の上クロスにしました)
これだけ無垢材を使っていれば、壁がクロスでも十分に湿気を吸ってくれることが分かりました。


他では手に入らない、当社オリジナルの小冊子をご用意しております。
木の家のことを詳しく書いているので、まだ工務店を決めていない方にも人気です。

資料請求はコチラから → 




アーカイブ

2020

最新記事

鈴木工匠への資料請求はこちら
鈴木工匠の施工例集はこちらから

お知らせ

会社情報

営業案内

営業時間:月~土:8:30〜18:00
定休:日曜  

※日曜や営業時間外でのお打ち合わせや見学は、ご予約いただければ可能です。お気軽にお申し付けください。

電話番号

0289ー77ー7868

所在地

〒322ー0536
栃木県鹿沼市磯町174-2

ご挨拶

代表
鈴木 陽(あきら) 

表面だけをつくろっただけの木の家ではなく、自他ともに認める「本物」の木の家をつくりたい。

大工の家の二代目としてバトンを渡された時からずっとそのことにこだわり続けています。

これまでも、これからも私たちは木の家一筋の専門家としてやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。